Jalan-Jalan

〜apa kabar?〜
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 日韓戦 | main | 3Dデビュー! >>
高原骨折
JUGEMテーマ:入院


さて未だリハビリ・療養生活をしておりますが…
今回の骨折…
「脛骨高原骨折」というものです。

ヒザ下のスネの骨の部分(ちょうどヒザ関節部分)の骨折です。
ヒザ上の骨がヒザ下の骨にぶつかって
ヒザ下の骨が縦に割れてしまったというもの…。

縦に割れた骨(脛骨部分)は
プレートやらボルトやらで固定すれば
2〜3ヶ月で固まるのですが…

問題は…
脛骨高原(スネの骨の頭)の部分…。

骨と骨との間には軟骨というものがあるのですが
この軟骨というものは復活しないらしいです。

自分の場合も上のヒザの骨がぶつかった
脛骨高原部分は見事に陥没しており
軟骨もかなり損傷していました。

陥没した部分を持ち上げて
散らばった軟骨を集めて
できる限りキレイにならべて
持ち上げた為に、スカスカになった下の方に
骨盤から取った骨を埋め込んで
割れた骨にプレートやらボルトを打ち込んで固定して…

…と言った手術を受けました。

予後は人それぞれらしいですが…
「割れたガラスのコップを元に戻すようなもの」
と言われました。

手術後、4〜6週間後に全体重の1/4の加重をかけられるようになり
1週間ごとに1/3、1/2、2/3と加重をかけていき
その後、フル加重としていくようです。

今、自分は手術後1ヶ月半…。
1/2の加重です。
松葉杖で歩いています。

ただ、ここで脛骨高原部分に負担がかかり
また陥没してしまった場合は
ヒザ関節を固定することになるそうで
可動域などにかなり支障が出るそうです。

なかなか完治は難しい骨折だそうで
将来的には、膝関節の変形症は免れられないそうです。

とにかくヒザ周辺の筋肉を鍛えておくことが大切らしいですね。
ヒザに負担をかけずに筋肉を鍛える!!

かなり大変ですね。
プール??
| comments(6) | trackbacks(0) | 10:17 | category: ひとり言 |
スポンサーサイト
| - | - | 10:17 | category: - |
コメント
僕も左膝脛骨高原骨折です。
現在術後5週間。未だ全く左足は着いちゃダメ状態。来週1/6加重の予定です。
来シーズンはスキーもできますよ。と言われていて、それを励みに入院生活を送っています。
| alley_cat | 2011/02/08 7:36 PM |

■alley_catさん
はじめまして!
結構重症な骨折らしいですよね…。
自分はかなり軽く考えていました…。

昨日からフル加重になり
松葉杖なしで生活しています。
まだ違和感がありフラフラします。

お互い頑張りましょう!!
| コソン | 2011/02/08 9:42 PM |

そうなんですよね。
僕も未だに軽く考えているのですが、主治医やリハビリの先生からは、重症の骨折であることを自覚しなさい、と言われています。
僕の場合、22mmの粉砕陥没でした。
ただ、腰の骨ではなく、人工骨を充填しています。
いつになったら松葉なしで歩けることやら。。
| alley_cat | 2011/02/08 10:17 PM |

■alley_catさん
人工骨使うとなじむのに時間がかかると
言われたので自分は腰骨使いました。
松葉杖なしで歩いてますが
まだ仕事は休んでいます。
1/2加重くらいからすごく楽になりますよ。
| コソン | 2011/02/09 12:23 PM |

左脚脛骨高原骨折(22mm陥没)の手術から41日目。昨日レントゲンで経過を確認し、問題ないとの診断。 今まで松葉杖で左脚は絶対に着かないように、と言われて1ヶ月半。 今日から1/6加重(体重の6分の1をかけてよい)となりました。 WiiFitのような両足の体重がわかるPCソフトで1/6加重を練習。 ほとんどつま先を地面に触っているだけ、といった感じ。 来週、1/3加重になる予定です。未だまだ先は長いです。
| alley_cat | 2011/02/15 6:00 PM |

■alley_catさん
加重が増えてくると
ヒザに水が溜まってくる事もありますよ。
自分はフル加重になって1週間。
ヒザが腫れぼったいです。
リハビリがんばりましょう♪
| コソン | 2011/02/15 9:02 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://apa-kabar.jugem.jp/trackback/151
トラックバック
Profile
Selected Entry
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links